読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フル墨攻

「少しまとまった思いつき」を書きます

はてな女子はどこから来たのか

Blog Hatena

ハイハイ老害老害

初出を探す

こういう話を見た。

はてな女子というのが認知され始めたのはいつごろだろうか。

●そしてはてなは変わっていくし、変わってきている - @tenku's blog ( http://tenku65820.hatenablog.com/entry/2014/05/17/124749 )

はてなキーワードの記述(はてな女子とは - はてなキーワード

はてなのトップページに、はてな女子なるカテゴリーが別枠で表示されてることから関心が高まった。
2013年9月10日が今のところ実装を確認できた日となっている。

ちょっとなに言ってんのかよくわかんない。

さかのぼってググって、確認してみた。
このへんが最初だろうか。

2004/3/19
はてな女子友の会 / 2004-03-19 - もくりこくりがくるよ。
http://d.hatena.ne.jp/kamuraco/20040319#p2

2004/3/19

はてなダイアラーみおさんとメッセしながら「一緒にドクデス行こう!そしてはてな女子の会とかやろう!」と言い出す

はてな女子友の会 + ドクデス7
( http://good.sunnyday.jp/junk/off/040319/ )

2004/3/25

ふんで、後ではてな女子たちが書いてる「男と女」を考えよう。でもきゃわいい子はやっぱどうもほんわかしてくる。自分があんまり癒すタイプじゃないだけに。

●2004-03-25 - もくりこくりがくるよ。
( http://d.hatena.ne.jp/kamuraco/20040325 )

2004/3/24

事前落伍者オフやら、はてな女子オフやらをやった後にドクデスに行き、踊ったり歌ったりネゲッたりしていたナイスガイどもと同じ時間を起きて共有していたのにもかかわらず、本官は仕事であり労働であり即ち汽車犬のように働いていたのであり、この差は何?しかも、そんな夜勤が毎週あるのはつらいのですといったところ「毎週がドクデスだと思えばいいじゃん」とポジティブシンキンガーにいわれた。

●2004年3月後半の日報
( http://www.h2.dion.ne.jp/~guntetu/nikki/honbunn/040302.html )

kamuracoさんは当時の著名なはてな女子の代表でしょう。
ドクデスの話題が出てることもわかるように、

と流入した女子がはてな女子と呼ばれる/呼ぶようになったのではないかと思う。
はてなダイアリーは横につながりやすかったし。

その界隈ではオフ会とか頻繁におこなわれていた印象があるので、はてなでのオフ会はわりと盛んだった気がする。

要するにはてなダイアリー界隈とはてなblog界隈のあいだに断裂があるんだろうなという話で、まぁそれはしかたがないというか、どうにもならん話だろう。はてな原理主義者が「教育してやる!」って襲撃したりしない限り。

なので、今回のエントリはべつにツッコミというのではなく
はてな女子っていつ頃から言われてたんだっけ」
っていう個人的な興味で書いた。

はてなの古典

Twitterでも書いたけど、はてなの古典みたいなのにもうちょっとアクセスしやすくなってるといいんじゃないかと思った。
まぁべつに詳細な記述とか必要ないから、簡単な年表みたいなのでいい。

新聞なんかは縮刷版とかマイクロフィルムとかあって過去の出来事の前後を調べるのに便利だけど、ネットだとそういうものを調べるのがめんどくさいというか、ぱっと見でわかるものがほしい。

まぁwikiとかで作るのがいいんだろうな。