読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フル墨攻

「少しまとまった思いつき」を書きます

ウクライナをロシアはどう切り取るのか

Graphics World

ウクライナでのロシアの選択肢を考えてみた。

今後の動き方としては
・クリミアのみを併合
・クリミアのみならず、ウクライナ全体を併合
どちらを目標にするか、というあたりが焦点になりそうな気がする。

面倒なので図にした。
f:id:wetfootdog:20140305133252p:plain
ロシアにどれくらいダメージがあるか、という点についてはいろいろな見方があると思うが、ウクライナの独立派がテロに走った場合、民族的な距離を考えるとその対処のめんどくささはチェチェンの比ではないのではないか。

となると、グルジアでやったように取りやすいところだけ取る、というやり方をしそうだ。
もっともグルジアはアジアだが、ウクライナは欧州圏という違いがある。なので、EUとしては少なくとも経済制裁はするだろう。

結論

ロシアがマイナス要因について甘い評価をすれば、ウクライナ全体に手をだすということもあるかもしれない。
でもまぁプーチンはそのあたり、よくわかっているのではないか。
おそらくクリミアだけを手に入れたら、あとは国境をガッチリおさえて知らん顔しそうだ、ロシアは。

図に描いたように
クリミア合併→ウクライナ東部も吸収
というふうになると、残ったウクライナ西部は完全にお荷物で、どこも引き取りたがらない。とはいえEUとしても見捨てるわけにもいかないだろうし……。

ここではアメリカの選択肢、というものは考えていないけれど、あんまりないんだよなぁ。

EUの内部でありそうな黒い会話。

「巨額の負債があるウクライナをだっこするのはないよな」
「ないなー」
「軍事オプションもないなー」
「コストがなー、世論もついてこないし」
「ロシアがほしいなら、お引き取り願うか」
「じゃ、表向き、対ロシアの経済制裁はやろう」
「やろうやろう」
「軍事以外で、叩けるだけ叩こう」
「叩こう叩こう、手加減つきで」
ウクライナが東西に分裂したら?」
「多少の援助はしても、自力で再生してもらわないとなぁ」
「アメリカは?」
「どうせ口だけだろー」
「だよなー」

極右勢力について

(3/27メモ追記)
ロシアのクリミア占領継続とウクライナ新政権へのネオナチの浸透(小泉 悠)
これについて以前にTwitter

続き→(支援してくれないと跳ねっ返りが権力握ったりするかもだけどいいの?)

と書いたんだけど(赤字部分は文字数制限で消えたところ)、

ウクライナ新政権、反ロシア過激派を排除 欧米の懸念に対応:日本経済新聞

政権から排除を始めた様子。

問題はここらへんのひとたちがどれくらい軍や内務省部隊に浸透しているか、ということだろうと思うけど、今のところ暴走などがないのを見ると案外支持がないのかもしれない。
そもそも軍も内務省部隊もウクライナ系とロシア系が混在しているから、あまり一枚岩という感じではない。

政権への影響力が低下したとなると、極右グループは東部のハリコフなどの都市部で

  1. 反ロシアデモ
  2. 親ロシア派との対立を煽ったり、暴力行為に出るなどの過激化

といった扇動に出るかもしれない。

(5/1追記)
実際に極右グループが関与したかどうかはともかく、ロシア側の報道ではそのようになっていますね。

ロシア国営テレビは、反ロシア派の過激組織「右派セクター」による襲撃の可能性を示唆
時事ドットコム:親ロシア派検問所で銃撃戦=5人死亡か-ウクライナ東部 ( http://www.jiji.com/jc/zc?k=201404/2014042000079 )

なぜロシアは軍を国境に軍を貼りつけているのか

(5/1追記)
これは単純にウクライナへの圧力と、武装勢力への後ろ盾というふたつの理由でしょう。

  • 軍を貼りつけることで「下手な手(強行策)を打ったらすぐ介入する」という脅しになる
  • 武装勢力からすれば「いざとなればロシアが介入してくれる」という安心につながる
  • 周辺地域の不安定化
  • さらには西欧側との外交のカードにも使える

コストを除けば、いいことずくめ。

実際にロシアが介入するかというと、可能性としては低い。

最後の「効果」ですが、上に書いたように

を目論む場合、まずウクライナのロシア系住民たちに「自分たちで」独立、編入という形式をとらせなくてはならない。
そうすることで国際社会から批判を部分的に回避できる(と見込んでいるはず)。
そしてコストを考えると、軍事介入はロシアにとってあまりにも負担が大きい。短期的に決着がつけられたとしても、より重い経済制裁は回避できない。
なので、軍事介入はほぼないと見ていいのではないかと。

問題は

  • 軍を国境に貼りつけておくコスト
  • 独立を宣言した東部2州への、暫定政権の圧力(インフラの制限や停止)による混乱

が今後どう響いてくるか、というあたりか。