フル墨攻

「少しまとまった思いつき」を書きます

はてなスペースに必要なのはバイキングスタイルだよ

はてなから「はてなスペース」についてのアンケートがきた。

●はてなスペース
http://space.hatena.ne.jp/

最後に自由記入欄があったのだけれど、書いてみたら500文字を超えたのでこっちに書いてみる。うざいはてな村人には500文字では足りないのである。

知らないひとに説明すると、はてなスペースというのは
「話題別に参加者のコメント(投稿)、フィード(はてブタグ、Twitterツイート、RSS)を集めた場所(スペース)」
で、要は「はてな版話題集約型Twitter」というところだろうか。
クローズドなスペースも作れる。
あと最近、各投稿にPermalinkがついた。

以下感想というか提案というか。

マイページのインターフェースについて

一番左の重要なスペースにアイコンとid、設定ボタンしかない。
もったいない。

なので、その下の空いているスペースに検索を移動する。ついでにカテゴリも「クリックで一覧表示」のようにたたんでおくほうがすっきりする。

現在Finderとなっている場所にFollowing Spacesを置いて、空いたところに

  • フォローしているスペースのすべてのトピックを表示
  • フォローしているスペースの好みのトピック、フィードを選択して表示

など、自分の好みの「タイムライン」が表示できるようにすべき。

そうしないと、マイページに行ってからフォローしているスペースを見るためにさらに1clickが必要になり*1、ほかのスペースを見るためにもさらに1clickが……とモチベーションが下がっていく。

しかも現在のようにスペースががらがらで過疎っているときにはさらにモチベーションが下がっていく。遷移したページから得られる情報が少ない場合、1clickごとにモチベーションが30パーセント以上減少すると言われている(おれ脳内調べ)。
なので、ひとは3clickで絶望するとそのサイトを閉じてしまう。

それぞれのページのインターフェースについて

これも同様に、ひとつのタイムラインにすべてのトピックを並べるような仕様にしたほうが見やすい。
もちろん表示しないトピックは選べるようにする。

まとめ

要は

  • 情報が集約されてる感じがしない

ところが一番の問題で、この手の新しいWebサービスにありがちな

  • アクセスのたびに「情報がたくさんある・新しい」ように見えないとみんなすぐに飽きてしまう問題

というものにハマっているように見える。

とりあえず最初にアクセスするページにジャンルやトピック問わずに投稿がごちゃごちゃっと並んでても、そこから必要なものを選べるような手段さえあればユーザーはあまり気にしない。

たとえば食事。
最初から好みやコースをきちんと選んで……というのがちゃんとした和食やフレンチのスタイルだとすると、えーいとにかくドカッと出すから好きに選べ! というのがバイキングスタイルで、とっつきやすさという意味ではバイキングスタイルのほうに分がある。

はてなスペースはもっと情報をドカドカ出すバイキングスタイルにするべきだし、そのあとでそこに「どう選ぶか」という機能を追加していけばいいんではないだろうか。
たとえば各スペースをフォローするだけではなく、おおざっぱにジャンルをフォローすることができるようにしても(最初は)いいかもしれない。

あと右に並ぶ各フィードを人気順(スペースからの訪問者数順)にソートする機能とかも欲しい。右側にフィードが並ぶスタイルは面白いと思うので、もっと投稿に活かせるようにしてほしいのだ。

とりあえず

おもしろくなる可能性はある、と思う。

Twitterなんかで「この話題をタイムラインに放流するのはちょっと……」みたいな感覚はあるんだけど、そういうものをうまく吸収できる可能性がある。まぁそこは「はてなハイク」とかぶるような気もするけど……。

そのあたり、今流行のTwitterFacebookからいかにひとの流れを作るか、みたいなところがサッコンのWebサービスのガンバリどころなのかなあとか思いました。

*1:実際には目的のトピックを見るためにさらにclickが必要になる